スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2001年から続いた為替上昇相場を追体験出来るチャンスかも!?
2008年10月11日

こんばんは。

今日もブログご訪問、ありがとうございます。

やっと激動の一週間が終りました。
ここの所、寝ても覚めても、頭の中は為替の事ばかり、正直参ってしまいました。

米国FRB前議長グリーンスパン氏が、『 100年(一世紀)に一度の危機だ 』 といいました。

しかし、全世界の投資家はサブプライム問題を案外早く解決すると安心していました。

3月のベアスターンズ破綻で、サブプライムは何となく底をついたのではと勘違いをしてしまったような気がしています。
100年に一度の危機なら3月どころではすまないのは理解出来ますが、やはり危機を脱してしまうと忘れてしまうものなんですね。

今まさに世界の金融危機、実体経済の危機が訪れ、世界恐慌に足を片足突っ込んだ状態になってますが、2.3ヶ月前には全然予想出来なかった事態です。

そして、先程、ブログ巡りをしたら、大御所のスワップ派の方々が次々にポジションを閉じておられて、かなりの損失を出されているようです。
私なんかより、かなり長い間スワップ運用をされてる方々が撤退されていくと、正直不安ですね。

今の為替レートは、日本で円キャリー取り引きが活発になり始めるよりも前のレベルまで、戻ってきてしまったようです。全ての通貨が2001年レベルにまで戻ろうとしています。

私は去年2007年10月にFXを始めましたが、
考え方によっては、2001年から6年も経ってからFXに出会っていますから、その間の期間を追体験出来る可能性もあるなと思い、チャンスかもしれないと能天気に今考えましたが、2001年レベルで下落が止まる保証も無いですよね。

そして月足を見ていると、私がFXに参戦したのは2001年から2007年まで続いた上昇の頂上での参戦ですね。 タイミングが悪いですね。その後はナイアガラですから。

さて、G7ですが、ヤフーニュースで以下の事が出ていました。

◆G7行動計画の骨子◆

・現状は、緊急かつ例外的な行動が必要

・金融市場安定化を回復するために共同で作業にあたる

・金融機関の破綻(はたん)回避に向けあらゆる手段を活用

・市場の機能回復と、金融機関の流動性確保のため必要な手段をすべて講じる

・必要に応じ、公的資金で資本増強を図る

・各国の預金保険制度を強化する

・必要に応じマクロ経済政策を活用する




公的資金注入、近く前進ある=中川財務相と白川日銀総裁が会見

 【ワシントン10日時事】中川昭一財務・金融相と白川方明日銀総裁は10日夜、先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)終了後、記者会見した。中川財務相は、行動計画に盛り込まれた公的資金による金融機関への資本注入について、「近々各国で前進があるものと確信している」と述べ、今回の合意に自信を示した。


『公的資金注入、近く前進ある』なんて聞くと、否応なしに期待してしまいますが、最悪の事態も考えて月曜日を迎えたいと思いますが、あまり対策も無いのが現状です。
しかし、今まで殆どしてこなかったショートでの取引を短期でやっていこうと思ってますが、窓明けの大幅下落は勘弁してほしいですね(可能性は大ですが^^;)

それでは、今週も大変お疲れ様でした。
   
                     にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ  応援よろしくお願い致します^^;

                                                            
 ↓ 私のお気に入りのメイン口座のフォーランドオンラインです 
         


        
  現在のポジション
 
 南ア・ランド/円 買  12万
 NZドル円    買   6万
 豪ドル円     買  2万

    
         スワップ  25万3929円
        本日の受取スワップ 0円  レバレッジ  4.7倍        
        
      『諸行無常~FXで人生を変える~』のトップぺージはこちらから 
                
                                           

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 FXで人生を変える!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。